読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜びも悲しみも、世界を作っているのは自分

ネガティブだった過去を克服して、幸せに生きています

痩せたくて痩せたくて痩せたくて

拒食症・過食症になった話です。

晴れて大学生になった私。
大学入学して、できた友達はなぜか「おしゃれで可愛い系女子」の、細くて可愛い子たち。
本当にみんな可愛くて、学部の中でもレベルの高い子たち。
それがきっかけでした。

なぜかそんな女子グループに入った私は、
彼女たちみたいにどんな洋服も似合う細くて可愛い女子になりたい
と思いました。

それに追いつこうと、ダイエット・食事制限を始めた結果。
なんとダイエット開始5ヶ月で8キロ減。
体重46kg→38kg
まで落ちました。

続きを読む

両親の不仲 父親のDV疑惑・母親のヒステリック

何が原因かはわからないけれど、両親はしょちゅう喧嘩してました。
口論から発展して、殴り合いの喧嘩もしょっちゅうでした。

父親のDV疑惑・母親のヒステリック

母が叫びまくっていて、ものを投げて食器棚が割れたり、父を殴りにかかったり。

それを見ている私たち子どもは「やめてよ!!!」と叫ぶけど、
「向こう行ってなさい!!!!」って怒られて、ただ泣くことしかできなかった。

続きを読む

うつ病などの精神疾患で仕事はできる?

精神疾患を抱えていると、仕事を探すのに苦労しました。
私の場合、うつ病・パニック障がいと診断され、
会社という社会で本当に自分がやっていけるのか自信がありませんでした。

「ちゃんと働けるかな」「人付き合い大丈夫かな」
自分の病気を理解してもらえるかどうか、など不安だらけでした。

障がい者専用の仕事求人サイト

そんな時に、障害者の雇用相談・求人情報・就職・転職支援で実績のあるアイエスエフネットジョイという会社を見つけました。

続きを読む

小学生のイジメ

私のネガティブデイズ始まりは小学生の時でした。
小学3年生頃から、教室でイジメが横行するように。

気の強い女子がリーダー格となって、グループを作ってます。
そのリーダー女子に目をつけられた子が代わり代わりにイジメの標的になっていきます。
(ちなみにそのリーダー女子、保育士になったらしい。子ども達が可哀相で不安でしょうがない。)

(イジメの実態1)モノが隠される、捨てられる

自分のものが頻繁になくなるようになりました。
体育の時間に着替えようと思ったら体育着がない。
体育の授業にも出られず、外の下水道の中で自分の体育着を発見。

続きを読む